大手取引所で小規模仮想通貨の取引高水増しが発覚

大手取引所で小規模仮想通貨の取引高水増しが発覚分析
仮想通貨トレーダーのシルヴァン・ライビス氏は今月初旬、多くの小規模仮想通貨の取引高を調査した。その結果、取引所世界4位で香港拠点のオーケーイーエックス(OKEx)はほとんどの取引高を水増ししていることが分かった。

取引高の水増し
仮想通貨の流動性とデジタル資産について調査したライビス氏は、スリッページ(ずれ、差の意)と名付けた手法で、各仮想通貨ペアのオーダーブック(注文板)を検査した。様々な取引所で5万ドル(約529万円)相当のデジタル資産を売却し、スリッページ法で各デジタル資産の流動性を調べた。

以下全文を読む

引用元(大手取引所で小規模仮想通貨の取引高水増しが発覚 | News | Cointelegraph)より引用しています。

関連記事: